'

インターネット広告の特徴

インターネット広告の特徴

インターネット広告は他の広告媒体にはない様々な特徴をもち、独自のマーケティングソリューションを形成しています
インターネット広告は主に以下のような長所と短所を持っています。

インターネット広告の長所

多様で正確なターゲティング

多様で正確なターゲティング

インターネット上では様々な情報がデジタルで保存されるため、それらの情報を基にユーザーに対して非常に精度の高いターゲティングを行うことができます。
各サイトでは、ユーザーに会員登録を行ってもらうことで、属性情報や趣味嗜好などの情報を得ることができます。
インターネットに接続する際に使用しているIPアドレスからは、アクセスしている地域を特定することができます。
Cookieなどの技術を利用して、そのユーザー(厳密にはブラウザ)が過去にどのようなサイトを閲覧したり、検索エンジンでどのようなキーワードを検索して調べたのか、といった行動履歴を蓄積することもできます。
以上のようなユーザー情報から、そのユーザーのニーズにマッチした詳細なターゲティングと広告配信を行うことが可能となります。

ユーザーのアクションに対応した広告表示

ユーザーのアクションに対応した広告表示

ユーザーがアンケートの中でクリックで選んだ項目や、検索エンジンに入力したキーワード、閲覧しているサイトの内容などに応じて変化させられる、レスポンスとしての広告表示を行うことができます。
ユーザーの行動から読み取れる趣味嗜好に沿った広告を用意し、表示させることが可能となるため、より効果的な訴求を行うことができます。

詳細な広告効果測定

詳細な広告効果測定

デジタルで管理されているため、広告効果を詳細な数字に、ほぼリアルタイムにデータ化することができます。そのため、かけた広告費に対してどの程度の効果があったか、といった情報を把握することができ、費用対効果をより高めていく施策を明確に行うことが可能となります。

インターネット広告の短所

情報の氾濫

情報の氾濫

インターネット上には無数の情報が氾濫しており、その内容は玉石混交となっています。そのため、広告によって提供される情報も、ユーザーの視点から信頼性や公正性を判断しにくくなってしまっており、ユーザーの目に留まらずに埋もれてしまうことも多くなっています。

インターネット接続環境の違い

インターネット接続環境の違い

ユーザーのインターネットへの接続環境によってデータ受信速度や画面表示が異なるため、すべてのユーザーに同質なメッセージを伝達することが困難となっています。

法規制、社会体制の不備

法規制、社会体制の不備

広告を含めたインターネットというメディアにおいて、著作権や肖像権、プライバシー問題や薬事法等の法律面など、社会的に規制が整っておらず、違法なサイトコンテンツやユーザーの行動などを取り締まる体制も整えきれていないという問題もあります。

'

お問い合わせ