'

インターネット広告はなぜ発展したのか

インターネット広告はなぜ発展したのか

1996年日本での登場以来、インターネット広告は順調に発展してきています。その背景として、以下の要因が考えられます。

インターネットのメディアとしての普及

インターネットのメディアとしての普及

インターネットの普及が進み、人口普及率は69%に上ります。
情報収集の手段として一般的な手段となり、メディアとしての価値が高まっています。

インフラの普及

インフラの普及

インターネットを利用する際に、ブロードバンド回線を利用する大容量データの高速通信が急速に広まっており、世帯普及率は50.9%に上ります。 

大容量での通信が可能になったことで、インターネット上で表現されるWebやネット広告の質も高まり、高機能化しています。ブランディングインタラクティブ性を兼ね備えた広告展開が可能となっています。

高い投資対効果(ROI)を求める広告主

クリック数や成果数など様々な広告効果をデータで明確に計測できるインターネット広告の性質は、他の広告と比べて大きなメリットとなっています。

既存のマスメディアでは、広告効果を正確に測定することが不可能であり、広告活動の投資対効果(ROI)の向上を厳しく追及する広告主の利用が広まっています。

'

お問い合わせ