'

インターネット広告の市場規模

インターネット広告の市場規模

日本経済の景気減退を背景に、2008年の総広告費は前年実績を下回る6兆6,926億円、前年比95.3%と5年ぶりに減少しました(電通「2008年日本の広告費」参照)。

テレビ、新聞、雑誌、ラジオを合わせた「マスコミ四媒体広告費」(同92.4%)は4年連続して前年を 下回っているのに対し、「インターネット広告費」は検索連動広告、モバイル広告を中心に拡大を続けています。

電通「2008年日本の広告費」

 2005年2006年2007年2008年
インターネット広告費
(媒体費+広告制作費)
3,7774,8266,0036,983
媒体費2,8083,6304,5915,373
純広告(PC)1,9302,3102,6882,885
検索連動型(PC)5909301,2821,575
純広告(モバイル)288390536743
検索連動型(モバイル)0085170
広告作成費9691,1961,4121,610

出典:電通「2008年日本の広告費」

インターネット広告が日本に誕生した1996年の市場規模はわずか16億円でしたが、2004年にラジオ広告費、2006年に雑誌広告費を抜き、テレビ・新聞に次ぐ第3の広告メディアという地位を確立しています。

2008年のインターネット広告費(媒体費+広告制作費)は前年比116.3%の6,983億円で、総広告費に占める割合は10.4%となりました。媒体費は前年比 117.0%の5,373億円(うちモバイル広告費は913億円、検索連動広告費は1,575億円)。また、広告制作費は1,610億円で前年比 114.0%となっています。

2008年はすでにインターネット自体が全般に定着してきたこともあり、インターネットの総PV数の伸びにも鈍化の傾向が見えますが、インターネット広告市場は手法の拡大や高度化を伴いながら、引き続き全般に成長しています。

'

お問い合わせ