'

中国語圏に向けたネットマーケティング事例

中国語圏に向けたネットマーケティング事例

ネットマーケティングを展開する際、自社を取り巻く環境が異なればネットを活用する目的も変わり、全体の戦略も変わってきます。海外向けネットマーケティングを成功させるには、国内で成功しているネット戦略が必ずしも海外で通用するとは限らない、ということを念頭に置き、対象国の状況をより詳しく把握し、最適なネットマーケティング戦略を構築することが重要になります。
本章では、中国語圏に向けた具体的なネットマーケティング事例として3例をご紹介します。

中国ネット通販事例

中国ネット通販事例

■ ビジネス背景

中国のEコマース市場は年々拡大し、2008年度ではネット通販を利用した人口は1.2億人を越え、取引総額は1.68兆円に達したと言われており、非常に魅力的な市場となっています。
また、現状ではBtoC、CtoC市場における総取引の約8割がショッピングモール「淘宝网(taobao)」で行われています。しかし、同時に参入業者数も多く、淘宝网(taobao)では同モール内だけでも数百万店舗が出店しており、各店舗間の激しい集客競争が発生しています。
また、市場には多くのニセモノ商品も出回っており、知名度や実績のない事業者は信用度が低いために、集客や販売が困難な状況となってきています。

※データ:IResearch Consulting Groupより

■ 成果を出すためのポイント

中国向けネット通販で成功するためには、すでに集客が行われている「淘宝网(taobao)」にテストマーケティングも兼ねた出店を行い、その後、もしくは同時に自社ECサイトを立ち上げることが有効だと考えられます。
また、自社の認知度と信頼度を高め、膨大な潜在顧客の中からいかに効率よく、自社にマッチした顧客を集客していくかが大きな課題となってきます。

■ 具体的施策

・ショッピングモールサイト「淘宝网(taobao)」への出店
・中国向け自社ECサイトの構築
・ 「淘宝网(taobao)」への出店サイト、及び自社ECサイトの認知度拡大、信頼度の向上
 有力ブロガーによる紹介、ブログプロモーション
 信頼度の高い媒体へプレスリリースを配信
 ※中国のメディア特性として、他メディアへの転載も期待できる。
・ 「淘宝网(taobao)」への出店サイト、自社ECサイトへの費用対効果重視の集客
 アフィリエイトネットワークの活用
 百度、Googleなどへのサーチエンジンマーケティングの実施
 日本商品に興味のあるコミュニティ、掲示板等への書き込み

中国人観光客の集客事例

中国人観光客の集客事例

■ ビジネス背景

中国から日本へ観光で渡航するには、旅行者はすべて中国の旅行会社を通じてビザの申請と旅行手続きを行う必要があります。また、個人旅行は超富裕層に限られているため、大半が旅行会社が主催する団体ツアーでの来日となります。
※2009年8月現在

■ 成果を出すためのポイント

中国人観光客を集客するためには、中国の旅行会社へPR活動を行い、自社を組み込んだ団体ツアーの造成を行うことが重要になります。また、ツアー造成には個人向けにブランディングをはかり、ニーズを高めることで旅行会社がツアーを販売しやすい下地を作ることも重要です。
団体ツアー客(自由時間の利用)や個人旅行者の獲得には、訪日の際の目的地(ショッピングや宿泊先)として選ばれるように、他社にはない独自の魅力や優待企画を情報発信・訴求していく必要があります。

■ 具体的なネット活用方法

・旅行会社担当者向けアプローチ方法
 旅行会社の訪日担当者にセグメントしたメール配信によるアプローチ
・個人向けのブランディング、アプローチ方法
 有力ブロガーによる紹介、ブログプロモーション
 主要なニュースサイトへプレスリリースを配信
 大手旅行サイトの訪日旅行経験者へのターゲティングメール広告を配信
 大手旅行サイト宿泊情報への登録
 百度、Googleなどへのサーチエンジンマーケティング
 日本情報を発信するポータルサイトへの情報掲載

中国市場におけるBtoBビジネス事例

中国市場におけるBtoBビジネス事例

■ ビジネス背景

中国企業とのビジネスマッチング市場においては、BtoBマッチングサイトの「阿里巴巴(Alibaba.com)」が最大の約60%のシェアを有しており、その加盟店数は4,000万社※を超えています。また、2008年には「Alibaba.co.jp」が立ち上がり、日本企業が中国展開を行う上で障害となる輸出入などの貿易手続きなどを支援するサービスが受けられるようになってきています。
※2007年 Ailibaba.comより

■ 成果を出すためのポイント

中国企業とのビジネスマッチングを成功させるためには、まず「Alibaba.co.jp」もしくは「Alibaba.com」に登録することが有効です。
また、自社の持つ特殊な技術やオンリーワン商品を、業界専門サイトを通じて告知することで認知度を高め、興味をもった企業が検索サイトで検索した際に自社サイトが上位表示されるようにサーチエンジンマーケティングを行うことが重要となってきます。

■ 具体的なネット活用方法

・BtoBマッチングサイト「阿里巴巴(Alibaba)」への登録
・自社商品、技術の認知度向上
 業界専門サイトへのプレスリリース配信、または広告出稿
・自社サイトへの誘導
 百度、Googleなどへのサーチエンジンマーケティングの実施

 
'

お問い合わせ