'

Webビーコン型

Webビーコン型

サイトの各ページにJavaScriptや特殊な画像イメージ(縦横1pxの透明なGIF画像など)をタグとして埋め込んでおき、貼り付けたページがブラウザで表示されるたびに、情報収集を行うサーバーにユーザーがアクセスしたページの情報を送る仕組みをWebビーコン型と呼びます。

■ メリット

■ デメリット

  • JavaScriptをオフにしていると情報を取得できなくなってしまいます。
  • JavaScriptが動作しないブラウザ・端末(携帯電話やテキストブラウザなど)でのアクセス分析が不可能です。
  • 読み込み中にブラウザの「中止」ボタンを押した場合や、完全に読み込み終了せずに次ページに遷移してしまった場合など、アクセスを正確に把握できない場合があり、データの信憑性が他の方式に比べて劣っている部分があります。
'

お問い合わせ