'

パブリックリレーションズ(PR)

パブリックリレーションズ(PR)

個人や国家、企業などの組織が、事業活動や方針などを社会の公衆(Public)に知らせ、組織との関係(Relations)において良い世論をつくり出すように努力する機能、活動。企業においては、主に企業価値(将来性、信頼性、安定性、優位性等)を、顧客や株主、地域住民などのステークホルダー(なんらかの利害関係のある人々)に対して発信する活動を言います。

日本語では「広報」と訳されることが多くなっていますが、本来の意味では組織と社会との良好な関係をつくり、維持していくということであり、組織が一方的に情報を発信するだけのものではありません。

具体的には、プレスリリースとしてマスメディア等を通して社内情報を社外へ発信する「広報活動」と、消費者・顧客の声を聴く社外情報の受信といえる「マーケティング活動」などを利用していきます。

インターネットの普及によって、企業などの組織体が自社サイトという自ら持つメディアを通じて、社会に対して直接メッセージを送ることができるようになり、その情報は一過性のものではなく蓄積することが可能になりました。また、情報を一方的に送るだけではなく、ステークホルダー からの意見や質問を直接受け取り、そのやりとりを公開することも可能になりました。テレビや新聞などのマスメディアを通さずにステークホルダーとのコミュニケーションを行うことができるようになったのです。

また、プレスリリースなどの広報活動は、発信した情報をマスメディアが取り上げるものであり、基本的には無料で行われるものです。しかし、ニュース系の媒体社プレスリリースをニュースとして配信したり、メディア各社へプレスリリースを集約して送信する「PRエンジン」と呼ばれる有料のサービスも登場しており、これらは今までメディアに取り上げられにくい状況にあった中小企業やベンチャー企業が、PR活動を行いやすくすることを可能にしています。

自社サイトを通したPR活動が今後主流になると考えられており、その構築・運用といった仕組みづくりも重要な要素となっています。

'

お問い合わせ