'

広告出稿の流れ

インターネット広告を出稿する際には、以下のような流れで業務を行っていきます。

(1)インターネット上でのマーケティング活動の目的を明確化する

まず、インターネット上での活動目的やマーケティング戦略を明確にし、それらを実現するための社内体制や自社サイトの構築・運営体制を整える必要があります。
インターネット上でのマーケティング活動を成功させるためには、計画を立てて施策を実施し、その結果を検証して次の施策につなげていく、という作業を継続的に行っていく必要があり、片手間ではなくしっかりと取り組む担当者を置くなどの準備が必要になります。

(2)インターネット広告を利用する目的・目標を明確化する

マーケティング活動の中で、インターネット広告によって達成したい目的や目標を明確化していきます。
広告を出稿する目的(認知拡大、販売促進、話題性の喚起等)を明確にすることで、実際に利用する広告のメニューも変わってきます。目的が不明確なままではいくら広告費をかけて出稿しても、期待するような効果を得ることはできません。
明確にした目的に対し、どのくらいの効果を得たいのか目標も明確に設定することが重要です。インターネット広告では広告効果が詳細な数字で取得できるので、具体的な目標を設定することでより効果的な広告出稿を行っていくことが可能になります。

(3)広告代理店等との協業契約、口座開設を行う

広告メニューの購入は、基本的には広告代理店を通して行われます。広告主が媒体社へ直接申し込む場合もありますが、広告代理店メディアレップを通しての申し込みのみを受け付ける媒体社もあります。
また、マーケティング活動の目標設定や戦略の策定、目標達成に最適なメディアプランニングクリエイティブ作成など、ノウハウを蓄積した広告代理店等との協業を行っていくことが望ましいといえます。信頼できる広告代理店と強固な関係を築いていくことが重要です

(4)PDCAサイクルを実践する

広告は単純に出稿して終わりでは、効果を高めていく施策を行うことはできません。
特にインターネット広告では正確に測定できる広告効果のデータを利用することで、PDCA(Plan=計画、Do=実践、Check=検証、Action=改善)サイクルを確立し、実行していくことが非常に重要です。この繰り返しによってノウハウも蓄積され、同じ広告費を使ってより効果的な広告出稿を行っていくことが可能となっていきます。

'

お問い合わせ