'

動画広告

動画広告

Webサイト上の広告枠において、映像や音声を利用した動画を用いて表現され、テレビCMのように時間軸で展開される広告。映像を直接クリックしたり、動画終了後に誘導する文言を表示することで、広告主のWebサイトへ誘導します。

静止画を利用するバナー広告よりも表現力が高く、滑らかな一連の動作を表現できるため、映像や音声を用いて広告で表現したい事を正確に伝える事が可能となり、一般的にバナー広告よりもクリック率は高くなります。
また、テレビCMのような15秒、30秒といった枠にとらわれない表現が可能となっており、ブランディング効果も高くなっています。

2001年以降、ブロードバンド回線の普及による通信速度の高速化によって、動画を用いた広告表現が用いられるようになりました。その後、Gyao等の無料動画コンテンツ配信サービスの開始とともにCM形式の広告が普及し、YouTubeをはじめとする動画共有サイトの人気の高まりによって口コミの広がりを見込むバイラル型の動画広告も注目されています。

'

お問い合わせ