'

リスティング広告の長所

リスティング広告の長所としては、主に以下のようなものが挙げられます。

リスティング広告の長所(1)

ユーザーが検索したキーワードに連動した広告が表示される=Pull型の広告である

リスティング広告の長所

入力されたキーワードはそのユーザーのニーズを表していると考えられるため、各ユーザーの興味関心に合わせた訴求内容の広告を作り、届けることが可能となります。

その他の広告のような媒体から認知・告知されるPUSH型の広告とは異なり、ユーザーがもともと検索によって求めている情報を引き出すPULL型の広告と言われます。ユーザー自ら媒体へ訪れており、情報を求める良質な見込み客をターゲットとして誘導することができます。

リスティング広告の長所(2)

クリック課金方式=広告がクリックされた分だけ料金が発生する。

リスティング広告の長所

広告を表示させるだけならお金がかからず、広告がクリックされた回数=「自社のWebサイトに誘導できた人の数」だけお金がかかります。

1クリックあたりにかかる金額は、キーワードごとに広告の掲載される順位に対しての入札制で決められており、基本的に高い金額で入札されるほど、高い順位で掲載されます。検索される回数の多いキーワードは広告がユーザーの目に触れる回数も多く、人気のキーワードとなるため、1クリックあたりの金額も高くなる傾向にあります。

リスティング広告の長所(3)

検索キーワードにあわせて、広告文の内容やリンク先のページを変更できる

リスティング広告の長所

ユーザーが入力した検索キーワードに合わせて、訴求内容のマッチした広告文を作成して表示させることができます。同様に、広告からのリンク先ページに、キーワードや広告の内容とマッチしたページを設定することも可能になります。

これらの設定をユーザーのニーズにマッチさせて行うことで、ユーザーの求めている情報へスムースに誘導することができ、成果へと結びつきやすくしていくことができます。

リスティング広告の長所(4)

広告効果の測定を詳細に行うことができる

リスティング広告の長所

表示回数やクリック数、成果数などの広告効果の指標を細かく測定することが可能となります。

キーワードごとに成果がどのくらい出ているのか、どういった広告文が効果的なのか、といった広告効果や、広告からサイトに来訪したユーザーの動向を分析することが可能となります。

リスティング広告の長所(5)

管理画面から細かい運用管理を行い、費用対効果を高める施策を明確に行うことができる

リスティング広告の長所

キーワード設定や広告文の変更、入札価格・予算の変更など、管理画面上で柔軟に広告運用を行うことができます。そのため、プロモーションの戦略を変える、広告出稿を今すぐやめる等の施策もほぼリアルタイムに行うことができます。

そして、取得できる様々なデータから細かい分析を行い、「PDCA=Plan(計画)、Do(行動)、Check(検証)、Action(対策)」サイクルに沿った費用対効果を高める施策を細かく行うことが可能となります。

'

お問い合わせ