'

リスティング広告のキーワード設定

リスティング広告のキーワード設定

リスティング広告で成果を挙げていくためには、キーワード設定をしっかりと行うことが必須条件となります。
■ ビッグキーワード・・・検索される回数、ユーザーの流入数とも多いキーワード。
一般的に入札している企業が多いため、クリック単価が高くなっています。
<例>「転職」、「人材」、「投資」、「不動産」、「賃貸」、「消費者金融」、「エステ」、「美容」 等

■ ロングテールキーワード・・・検索される回数、ユーザーの流入数が少ないキーワード。
ニッチなキーワードや複数のキーワードの掛け合わせはロングテールキーワードに含まれます。一般的に入札している企業が少ないため、クリック単価が低くなっています。
<例>「不動産 千葉」、「賃貸 中央線」、「エステ 予約」、「営業 転職 紹介」 等

ビッグキーワード一語で検索するユーザーのニーズは、様々な要素を含んでいます。例えば「不動産」一語で検索してくるユーザーは、購入を検討しているか賃貸を検討しているか、投資として不動産を考えているのか、というように細かいニーズを読み取ることは難しくなります。
それに対し、複数の語を掛け合わせたロングテールキーワードで検索する際には、ユーザーのニーズが顕在化している確率が高くなります。「不動産 賃貸」や「東京 不動産 購入」といったキーワードからは、より細かいニーズを読み取ることができます。

ビッグキーワードでは、ユーザーのニーズは潜在的になりやすくなってしまいますが、ユーザーの集客をある程度以上行う必要がある場合には、入札が必須となります。その際にはクリック数とクリック単価から、予算内で他のキーワードとバランスよく入札を行っていく必要があります。
ロングテールキーワードでは、よりニーズの顕在化した見込み客を呼び込むことが可能となりますが、検索数が少ないため集客を行う上では効率の良いキーワードとはいえません。ロングテールキーワードを有効に利用して成果を増やしていくためには、膨大な数のキーワードで網を広げた設定を行うことがポイントとなります。

キーワードの抽出方法(1)

サイト内からキーワードを洗い出す

キーワードの抽出方法

まず、サイト内に記載されている単語からユーザーが検索してくる可能性のあるキーワードを抽出します。その際には、各ページのソースコードを隅々まで見てキーワードを洗い出します。

また、Overture、Google各社が提供している「キーワードツール」を利用すると、入力したキーワードと一緒にどのようなキーワードが組み合わされて検索されているか、各社の過去の実際の集計データから入手することができます。

キーワードの抽出方法(2)

類語の抽出

キーワードの抽出方法

類語(同義語、狭義語、広義語、関連語 等)の抽出を行います。
キーワードごとでユーザーによって呼び方の違う言葉もあるため、入札するキーワードの類語が検索されることを考慮して取り入れます。
辞書サービスや、類語.jpなどのサービスを利用すると便利です。

類語.jp http://ruigo.jp/

キーワードの抽出方法(3)

入力ミス、変換ミスによるワードの抽出

キーワードの抽出方法

ユーザーがキーワードを入力する際に、様々な入力ミスや変換ミスをした状態で検索することを想定して、入札キーワードに取り入れます。

ひらがな・カタカナ入力、アルファベット変換、漢字変換の間違え、長音符(「-」)の入力違い等を考慮する必要があります。

キーワードの抽出方法(4)

略語ワードの抽出

キーワードの抽出方法

ユーザーがキーワードを入力する際に、様々な省略した状態で検索することを想定して、入札キーワードに取り入れます。

キーワードの抽出方法(5)

ブログへの書き込みからユーザー心理の解析を行う

キーワードの抽出方法

ユーザーがブログにある話題を書き込む際に、どのような話題の中で取り上げているのか、どのような表現をされているのかを調査し、関連するキーワードを抽出していきます。

「kizasi.jp」
株式会社 きざしカンパニー
「Technorati(テクノラティ)」
株式会社 テクノラティジャパン
http://kizasi.jp/http://www.technorati.jp/

キーワードの抽出方法(6)

複合語の作成

キーワードの抽出方法

キーワードを掛け合わせて複合語を作成します。
基本となるキーワードに、概念や行動、条件など関連するキーワードを掛け合わせて、ユーザーに検索されることを想定したキーワードを取り入れます。

'

お問い合わせ