'

効果的なランディングページの構築

広告とマッチしたページを用意し、サイト内での最終地点であるフォームも最適化することで、広告からの流入ユーザーを最大限に成果へ到達させ、成果数・成果率をあげることが、ランディングページ構築の最終的なゴールとなります。

ランディングページの構造とデザイン

ランディングページの構造とデザイン

ランディングページ構築の際には、主に以下のような内容に注意していきます。

  • サービスや商品の内容を簡潔にまとめることで、訪れたユーザーに特長をわかりやすく伝えます。
  • 大抵のユーザーは競合他社と検討していますので、他社との違いをわかりやすく伝えることにより、自社の訴求ポイントを明確に表します。
  • デザインやユーザビリティもできるだけわかりやすく、的確な情報をユーザーが簡単に見つけられるように作成します。
  • 訪れたユーザーが他のコンテンツに移動しないよう、TOPページのようなグローバルナビゲーションは入れないように作成します。

申し込みまでの流れと申し込みフォーム

ランディングページを最適化した段階でユーザーを自社サービスに惹きつけることができますが、成果となるフォームへ到達させ入力を完了させないと、せっかく訪れたユーザーが無駄になってしまいます。フォームからの離脱は一般的に非常に多くなっており、成果数の減少に直結しています。フォームもページと同様に、わかりやすく使いやすく構築しなければなりません。フォームを作成する際には、以下のような内容に注意していきます。

  • フォームに入力する項目は必要最低限にします。
  • 入力しやすいレイアウトにします。
  • デザインやユーザービリティもできるだけわかりやすく、的確な情報をユーザーが簡単に見つけられるように作成します。
  • 「入力例」などを配置し、どのように入力すればいいのかわかりやすくします。
  • 入力ミスがあった場合に、どのように直せばいいのか示す。
  • 「戻る」ボタンを押してもエラー以外の部分のデータは残るようにする。
'

お問い合わせ